SEARCH

カテゴリーで絞り込む
CONTACT
TOP > 丸兄商社について

丸兄商社について

(株)丸兄商社とは

当社は佐賀県西松浦郡有田町にて有田焼・伊万里焼・波佐?焼等を販売している商社です。

初めは営業販売専門でしたが、現在の(株)丸兄商社は営業販売だけでなく、店舗にて一般食 器・業務用食器・美術品等の販売や陶芸体験を行っています。2019 年1 月には業務用の専 門展示場を新設致しました。

有田一の大展示場には、小物から大物まで多くの窯元の商品を展示しております。

高級感のある有田焼ですが、(株)丸兄商社では日常使いできる器はもちろん、特別な日のお 祝いにもピッタリな器を豊富に取り揃えておりますので、日々の暮らしの彩りにお使いい ただけます。

贈り物にはギフトラッピングも承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

創立者について

(株)丸兄商社(旧 三兄堂)は、大正9 年に野田嘉四郎によって創立されました。

当時、有田焼の取引の仕組みは、卸売が主でした。

明治44 年に窯元が東京へ出向き、商人を通さずに直接販売を行ったことがあります。

一方、商人が全国各地へ出向き、卸商を通さずに販売する、いわゆる「直売」を始めたのは 大正9 年です。それの先鞭をつけたのが創立者、野田嘉四郎だと言われています。

嘉四郎は十人兄弟の次男でしたが、長兄は病気で早世し、?も過労のため後を追い、一家の 生計は20 歳になったばかりの嘉四郎にかかりました。

それまでは窯元に勤めていましたが、家族を養う為、思案のすえに思いついたのが焼き物の 直売でした。

嘉四郎は有田焼の見本をカバンにつめて、全国の料理屋、旅館を相手にして商売になるか分 からない時代に有田から離れていきました。

嘉四郎が最初に出向いたのは、神奈川県の大磯です。遠縁にあたる日本画家の古賀源四郎を 介して客層が広がり、さらに箱根・伊豆周辺の温泉地の旅館や料亭が営業用として数多くの 有田焼を使用するようになりました。

商売が軌道に乗ると人を雇い事業を広げ、外交員が育つと独立していくので直売業者が増 えていきました。

こうして小売業の企業としての基盤を築きあげました。

PAGETOP